北部宇和海エリア北部宇和海エリア※地図をタップすると大きな画像で開きます。

頃時鼻の蛇紋岩露頭 頃時鼻の蛇紋岩露頭 頃時鼻の蛇紋岩露頭 須崎海岸 須崎海岸 須崎海岸 寝観音 寝観音 寝観音 鴫山の姫塚 鴫山の姫塚 鴫山の姫塚 さざえが岳 さざえが岳 さざえが岳 国造神社の樹叢 国造神社の樹叢 国造神社の樹叢 かくれの里 かくれの里 かくれの里 三島神社のイブキビャクシン 三島神社のイブキビャクシン 三島神社のイブキビャクシン 下泊の魚霊塔 下泊の魚霊塔 下泊の魚霊塔 大崎鼻 大崎鼻 大崎鼻 岩井の石灰窯 岩井の石灰窯 岩井の石灰窯 客人神社のアコウ 客人神社のアコウ 客人神社のアコウ かっぱの狛犬 かっぱの狛犬 かっぱの狛犬 賀茂神社 賀茂神社 賀茂神社 高山石灰産業発祥の地 高山石灰産業発祥の地 高山石灰産業発祥の地 大早津の石灰産業跡地 大早津の石灰産業跡地 大早津の石灰産業跡地 小僧都の丸石 小僧都の丸石 小僧都の丸石 明浜の鯨塚 明浜の鯨塚 明浜の鯨塚 山岳公園 山岳公園 山岳公園 狩浜の段々畑 狩浜の段々畑 狩浜の段々畑 たこやき島 たこやき島 たこやき島 俵津のしましま地層 俵津のしましま地層 俵津のしましま地層 野福峠 野福峠 野福峠 俵津隧道 俵津隧道 俵津隧道

北部宇和海エリア

ジオポイント一覧

ジオポイント一覧

須崎海岸

約4億年前の縦じまの美しい地層

須崎海岸には、約4億年前の縦じまの地層が大規模に広がっています。縦じまの岩石は火山灰が固まってできた「凝灰岩(ぎょうかいがん)」です。 凝灰岩の中に含まれる石灰岩の礫からは4億年ほど前の原始的なサンゴ化石が見つかっています。 この地層は、黒瀬川構造帯の一部で、もとは水平だった地層が地殻変動で現在のような垂直の岩壁となりました。 ...

  • 須崎海岸
  • 須崎海岸
  • 須崎海岸

寝観音

沈む夕日を立ち止まって見たくなるほどの景観

リアス式海岸沿いに位置する、三瓶町の中心部から南部へ移動していくと、三瓶町北部の地形が、観音様が仰向けに寝ているように見えることから、「寝観音」 と呼ばれています。 観音様の頭の先には須崎海岸が広がっています。一番のお薦めは、真っ赤な夕日の中での寝観音。神秘的な雰囲気です。

  • 寝観音
  • 寝観音

鴫山の姫塚

鴫山に残る悲しい伝説

小さな青石で積まれた祠(ほこら)が、鴫山地域で、お姫様を祀っています。 このお姫様には、悲しい伝説が残されています。昔、京の公郷のお姫様が不治の病にかかり、手当のしようもないことからうつろ船(空っぽの船)に乗せられて流されてしまいました。船は西に流され、陸地(八幡浜市川上白石浦)に着いて陸に上がろうとすると、嫌われ追い払われ、つい...

  • 鴫山の姫塚
  • 鴫山の姫塚

かくれの里

アヤメの名所

知る人ぞ知るアヤメの名所。 春には、ヒラドツツジ、アヤメ、夏にはアジサイ、アマリリス、秋にはツワブキといった四季折々の花が一面に彩ります。 眼前には三瓶湾が広がり、晴れた日には九州まで見渡すことができます。

  • かくれの里
  • かくれの里
  • かくれの里

さざえが岳

四季折々の自然美と雄大な眺望の岩山

さざえが岳は、プランクトンなどの動物の殻や骨片(微化石)が堆積してできたチャートと呼ばれる硬い岩石からできている高さ360mの岩山です。 山頂からの景観は感動的ともいえ、三瓶湾を遠くに見ながら、急傾斜地形と共生している地域の人たちの暮らしを肌で感じることができます。

  • さざえが岳
  • さざえが岳
  • さざえが岳

大崎鼻

250度の広角展望

250度の広角な展望が望め、北に佐田岬半島、南に戸島、日振島、さらに晴れた日には遠く九州、佐賀関も望めます。 また、この場所にはその昔江戸時代から宇和海側に設けられた五か所の狼煙場の一つでもあり、参勤交代制度が始まった江戸時代後期において領主が江戸に向かう時などその通過を報せる狼煙を上げたと言い伝えられています。

  • 大崎鼻
  • 大崎鼻
  • 大崎鼻

岩井の石灰窯

明治初期の貴重な石灰窯

石灰製造は古代に大陸より日本に伝えられました。 その製造方法は、平地に薪を積み小さく割った石灰岩をその中に混ぜて焼いた野焼きという方法でした。 その後、明治初期にこの地に雑木や木炭を燃料とする石灰窯を造って石灰製造を始めました。 しかし、間もなく石炭を燃料とする大きくて効率的な石灰窯が主流となりました。 この岩井の石灰窯は...

  • 岩井の石灰窯

かっぱの狛犬

日本に3つしかないと言われている珍しい狛犬

この地では今から400年ほど昔、宇都宮修理太夫正綱という城主が、いたずらをしようとしたかっぱを助けると、 そのお礼にと、かっぱが毎日鯛を持ってきたという伝説があります。 ここ若宮神社では伝説にちなんだかっぱ狛犬が祭られています。 かっぱの形をした狛犬は全国的にも珍しく、ここの他には岩手県遠野市、長崎市しかないといわれています。

  • かっぱの狛犬
  • かっぱの狛犬
  • かっぱの狛犬

大早津の石灰産業跡地

地域最大の石灰鉱山跡

この地域には、かつては石灰岩の採鉱で栄えた歴史を持つ地域最大の石灰鉱山跡です。 明治末期には日本各地はもとより、朝鮮半島にまで石灰を送っており、当時は“白い村”とも呼ばれ、 石灰焼きを仕事とする“灰屋”とよばれる工場の周辺は石灰の白い粉を被って、村全体が白くなっていました。 石灰石は約100年にわたってこの地域の経済を支えていまし...

  • 大早津の石灰産業跡地
  • 大早津の石灰産業跡地

明浜の鯨塚

村人を救ったくじら様

天保のききんの時、村民の窮地を救った鯨は今も「鯨塚」として浜辺に3基、海に向かって立てられています。 中でもここ高山地区のものは、宇和島藩主伊達春山公の御沙汰により、 「鱗王院殿法界全果大居士」と殿様級の戒名がつけられ、地元では「鯨様」と呼んで親しみあがめています。

  • 明浜の鯨塚
  • 明浜の鯨塚
  • 明浜の鯨塚

狩浜の段々畑

江戸時代に先駆者が築いた偉大なる功績

愛媛県の宇和海沿岸はリアス式海岸と段々畑が有名ですが、 ここ狩浜地域では石灰岩を利用した白い石積みの段々畑が広がっています。 段々畑では、日照にも恵まれた傾斜面を活かして主に柑橘類が栽培されており、石灰岩の段々畑に植えられたみかんは、降り注ぐ太陽光、青い海に反射した太陽光、白い石積みからの輻射熱という「3つの太陽」の恵みでおい...

  • 狩浜の段々畑
  • 狩浜の段々畑
  • 狩浜の段々畑

島の元(たこやき島)

海により2つの顔を見せる不思議な島

西予市明浜町の狩浜にある小さな島。正式名称は長浦島です。 干潮の時にだけ地続きとなり、島に渡ることができます。

  • 島の元(たこやき島)
  • 島の元(たこやき島)

俵津のしましま地層

西予市でも貴重な四万十層の露頭場所

ここ明浜町俵津では西予市でも唯一といえる四万十層の地層を見ることができます。 ここでは、砂岩と泥岩の地層が交互に見ることができるタービダイトや、地層が形成されるときに砂岩が引き伸ばされた様子が見ることができるブーディン構造などが観察することができます。

  • 俵津のしましま地層
  • 俵津のしましま地層
  • 俵津のしましま地層

野福峠

桜の名所としても有名

西予市宇和町と西予市明浜町を結ぶ峠で、海抜230m上にあります。 つづら折の峠道沿いに植えられた桜並木と、美しい宇和海が織りなす絶景のコントラストがみられます。

  • 野福峠
  • 野福峠