狩浜の段々畑

江戸時代に先駆者が築いた偉大なる功績

狩浜の段々畑

狩浜の段々畑

天にも届く白い石積み

愛媛県の宇和海沿岸はリアス式海岸と段々畑が有名ですが、

ここ狩浜地域では石灰岩を利用した白い石積みの段々畑が広がっています。

段々畑では、日照にも恵まれた傾斜面を活かして主に柑橘類が栽培されており、石灰岩の段々畑に植えられたみかんは、降り注ぐ太陽光、青い海に反射した太陽光、白い石積みからの輻射熱という「3つの太陽」の恵みでおいしく育ちます。

ジオポイントDATA

【注意事項】
・見学時には、農作業を行う車の通行に支障がないように注意が必要です。
・農地への立ち入りはご遠慮ください。

【アクセス】
西予宇和ICから車で約30分

【用語解説】
・石灰岩…サンゴの死骸などが堆積してできた石。石灰岩が分布しているところは昔暖かい浅い海だったことが分かります。

【ジオガイド】
狩浜の段々畑をガイドと歩いてみませんか。※ガイド料は添付資料をご確認ください。
↓ガイドの申し込み・問い合わせはこちら(画像をクリック!)

関連ファイル
かりとりもさくガイド料金表 ( PDF )