寺山の枕状溶岩

水中で噴出した溶岩が急冷されて形成!

寺山の枕状溶岩

枕を重ねたような形をしているので、「枕状溶岩」と呼ばれています。

カルスト石灰岩の下位にあたる地層には、水中で噴出した溶岩が急冷して固まった玄武岩が見られます。枕を重ねたような形をしているので、「枕状溶岩」と呼ばれ、海底火山を示す地質です。四国カルストの石灰岩は、今から3億年ほど前に海底火山の上にできたものであることが、下位にある緑色岩と、石灰岩から見つかった古生代ペルム紀のフズリナの化石からわかります。

ジオポイントDATA

【アクセス】
西予宇和ICから車で約100分

【ジオガイド】
↓ガイドの申し込み・問い合わせはこちら(画像をクリック!)