大和田橋付近のかめ穴

肱川沿いにも黒瀬川構造帯がある!

大和田橋付近のかめ穴

下に降りると4億5000万年前の黒瀬川構造帯が広がっています。

愛媛県で唯一三葉虫が発見された場所

肱川沿いに、黒瀬川構造帯を構成する岩石である四国最古の火成岩類や石灰岩などが観察できます。

また、この付近からは約4億2500万年前のシルル紀の三葉虫の化石が発見されました。

ジオポイントDATA

【アクセス】
西予宇和ICから車で約30分

【ジオガイド】
↓ガイドの申し込み・問い合わせはこちら(画像をクリック!)