卯之町の町並み

国の重要伝統的建造物群保存地区に選定

卯之町の町並み

伝統的な建築様式が残る町並みです

江戸中期から昭和初期の商家が立ち並び、白壁、うだつ、半蔀(はじとみ)、出格子など伝統的な建築様式が残る町並みで、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

幕藩時代には宇和島藩の在郷町として栄え、二宮敬作、楠本イネらも往来した通りとして知られています。

町並みが形成された地域は扇状地であることから井戸水が豊富であり、当時は多くの酒蔵で栄えました。現在も味わい豊かなお酒を、造り続けています。

ジオポイントDATA

【アクセス】
西予宇和ICから車で約5分

【明治の授業体験】
国の重要文化財「開明学校」では、当時教科書として使用されていた掛図を使った
楽しい授業が体験できます。
詳細はこちらから
お問合せ先/開明学校:0894-62-4292

【ジオガイド】
↓ガイドの申し込み・問い合わせはこちら(画像をクリック!)