1. ホーム> せいよ徒然日記西予市の【伝統行事】『実盛送り』が行われました

印刷

せいよ徒然日記

2018年06月26日

『実盛送り』が行われました

カテゴリー:西予市の【伝統行事】

6月24日(日)に西予市城川町の田穂・魚成地区にて

伝統の虫送り行事「実盛送り」が行われました!

 

田穂地区にある宝泉寺を出発し、実盛人形を鉦(かね)と太鼓で囃しながら

田植えの終わった田の畦道などに行列をなし、下流地区へ送り継いでいきます。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■伝統行事「実盛送り」□■□■□■□■□■□■□■□■

平安時代、木曽義仲を討つため出陣した「実盛」は組み討ちの際に

稲株に足をとられ転倒したところ討ち取られ、「すべて運か(ウンカ)」と不覚の最期を遂げました。

その無念が稲を食い荒らす害虫「ウンカ」となって、農民を悩ませるとの言い伝えがあり

「斉藤実盛」を慰めるとともに、1年の豊作を願う伝統行事です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 


田穂地区に着くと、県道沿いの「茶堂」に人が集まっていました。

カメラを持った方が、とても多かったですΣ(゚Д゚)








その「茶堂」や「サルバイ」にて参拝・奉納し、今年の無病息災と奉納を祈ります。











参拝が終わるとまた行列をなし、下流地区へ














 

最後は今田地区まで練り歩き、杉の瀬川原まで運ばれ、お供え物と共に川に流します。

これからもずっと残していきたい行事ですね(*´▽`*)

 

コメントを書く