1. ホーム> せいよ徒然日記西予市の【物産・郷土料理】宝暦三年創業の老舗 緒方酒造

印刷

せいよ徒然日記

2013年06月11日

宝暦三年創業の老舗 緒方酒造

カテゴリー:西予市の【物産・郷土料理】

今日は少し歴史にふれたお話をします。


西予市野村町の乙亥会館のすぐ近くにある 緒方酒造株式会社 さん。

なんと創業は宝暦三年(1753年)のかなりの老舗なんです。

でも、緒方酒造さんで驚くのはそれだけではないんですよ!

みなさんこの方をご存知ですか?

TBSのTVドラマ JIN‐仁‐ をご覧になっていた方であれば名前を聞いたことがあると思います。

『緒方 洪庵(こうあん)』です。


洪庵は江戸時代に活躍したお医者さんです。さらに、偉大な教育者でもあった緒方洪庵は、主催する「適塾」から大村益次郎や福沢諭吉などを輩出しています。

なぜ酒屋と緒方洪庵?と思われる方もいることでしょう。

緒方洪庵は元をたどればここ、緒方酒造さんの家系なのだそうです。


◇◆ 家系図で表すとこんな感じ ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

惟照 ~ 緒方酒造 現当主

(初代)惟教 → (二代)惟真 →   惟定

惟寛 ~  洪庵

※ 『~』・・・何代も経て

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



なので緒方酒造さんでは洪庵の誕生180年を記念してこんなお酒が造られたそうです。

なんだか奥深い歴史を感じますね。どんなお味のお酒なのでしょうか。

【緒方 洪庵】

¥2,500 (720ml)






また、その他にも数々の偉人と由縁がある緒方酒造さん。

17代目の 緒方惟貞 は、今も野村町で続く乙亥大相撲の創始者です。

この緒方惟貞のもとで3年間、文武の修業に励み、後に「大津事件」で司法権の独立を守って「護法の神」と言われたのが、大審院長を務めた 児島惟謙 です。


緒方酒造さんでは、これら蔵とゆかりのある偉人たちの足跡を忍び、「緒方洪庵」はじめ、「緒方惟貞」「児島惟謙」など、それぞれの名前を銘柄 としたお酒を製造しています。



今回、緒方酒造さんを取材させていただいたのは、父の日のプレゼントに地元のお酒を紹介したい・・・と思ってのことだったのですが、 『緒方 洪庵』と親戚になる酒造さんと聞いたので個人的に感動し、徒然日記に掲載しました。

父の日にピッタリではないかというお酒も紹介してもらいましたのでご紹介します。




【生酒】

1本 ¥390

6本セット ¥2840 (保冷剤・梱包込)

















【児島 惟謙 純米焼酎セット】

¥4,000 (各720ml)

 

 

 

 

父の日のプレゼントにかかわらず、歴史・お酒好きの方も是非お買い求めください。


緒方酒造株式会社

〒797-1212

西予市野村町野村12-17

℡ 0894-72-0036

33.377689,132.645053

コメントを書く