せいよ徒然日記

2013年02月11日

田穂の石灰岩

カテゴリー:西予市の【ジオパーク構想】西予市の【観光】

城川町田穂を通っていた際に道の脇にこんな看板を見つけました。

県指定天然記念物の「田穂の石灰岩」?

立派な写真付きの看板に、一瞬 道端なのに博物館の中にいるかのような気分になりました。

ではその実際の石灰岩はどこにあるんでしょう?早速、看板脇の道を歩いて上がってみることに・・・。

立派なフェンスに覆われた岩が出現しました。屋根までついてます。

これが県の天然記念物にも指定をされている、田穂の石灰岩ですね。でっかーい。

三畳紀初めのアンモナイトが発見されたとあったので、一生懸命どこかにまだ化石がないかと探してしまいました。

もちろん見つけることはできませんでしたが・・・。

どんなアンモナイトが出てきたか興味がある方は、是非 三滝公園の「城川地質館」へ行ってみてください。

田穂や他の地域のアンモナイトがたくさん展示してありますよ。


城川町をうろうろしてみると、あちこちにこのような場所がたくさんあります。田んぼの隅、川のそば、道の脇・・・。

まるで城川町全体が博物館で、あちこちに珍しい地質を展示してあるかのよう。

それほどこの城川町が地質学的に大変おもしろい場所であるということだそうです。

普段何気なく見ているものも、こうして看板などで説明してもらうと途端に面白いものに変わるのが素敵ですね。

コメントを書く